男の人

高血圧の改善は必須|前兆なくいきなり重大な病気になる

美味しく食べるコツ

ごはん

塩分を控える

肝臓病を患ってしまったら塩分や糖分の摂取を控えるようにしなければ、肝臓に多大な負担をかけることになるので注意するといいでしょう。しかし、塩分などを控えるといってもどのくらいの量を抑えればいいか分からない方が多いのも事実です。そういった時は、担当の病院の先生や管理栄養士のアドバイスを聞き、6グラム以内に制限するといいでしょう。その中でも、高血圧と診断されているなら特に摂り過ぎに気をつけるべきです。腎臓病の食事療法は、賢機能低下や賢不全を防いでくれるだけではなく、体内になくてはならない水分やカリウム、リンなどの量を整えてくれるのです。また、老廃物や尿毒素を排出してるので、腸内環境がよくなり病気の誘発を防いでくれるので腎臓病の食事療法は試しておくべきといえるでしょう。

食べ物を工夫する

腎臓病における食事療法は、タンパク質が多く含まれているものを小分けにし、少しずつ患者さんに与えます。例えば、魚や肉を適量ずつお皿に取り分けます。そうすることで、バランスのいい食事ができ、タンパク質の摂取を抑えることにもなるのです。また、エネルギーやカリウム、水分も細かく管理してくれるのです。料理を自分で作る場合でも、これらの摂取を制限することが可能なので、覚えておくといいでしょう。ラーメンを食べる際は、スープは飲まずに麺や具だけを食べるだけで少しは変わってきます。他にも、南蛮漬けは酸味や香辛料を利用して、塩を避けると美味しく、低カロリーを実現できるのです。